何か新しいことを始めたり、

悩みを解消したいと思ったりした時、

今はネットもあるおかげで、

世界中から様々な情報が得られますよね。

 

それは身体・声・心についても言えること。

 

声に関してだけでも、ここ10年程の間で、

ビジネスマンに向けた声の本が出たり、

日常の話し声に関する講座が開かれたり、

発声に関する情報も格段に増えています。

 

そういう情報を得たり講座に参加したりするのは

とても素晴らしいことです。

 

ですが、身体・声・心について得た情報から何か実践したり、

講座に通ったりする中で、こんなことってありませんか?

 

◯どこかに痛みを感じることがあるけど、そのままにしている

◯どこか違和感を覚えつつも「あの先生が言ってることだから」と続けてい

◯疲れたりツラかったりしても、指定された回数や時間を守っている

 

もし、あなたがこれらに当てはまるようなら、

ふと立ち止まってみた方がよいかもしれません。

 

なぜなら、せっかく自分のために行っているのに、

一番大切な自分の感覚をどこかに閉じ込めて、

情報や先生の言っていることの方を優先している

可能性が高いからです。

 

自分の身体・声・心をよりよい状態にしたいのに、

自分の内側から発せられている痛みや違和感や

疲れやツラさをそのままにほおっておくと、

結局よくなるものもよくならないと思いませんか?

 

あくまでも主役はあなた自身です。

いくら素晴らしい先生が提唱していることでも、

自分の内側から痛みや違和感などが出てきたら、

しっかりそこをケアすることがとても大切です。

 

◯疑問点などを躊躇なく質問する

◯疲れたりしたら回数・時間に関わらず休む

◯他の誰かにとってすごい先生でも、違和感がぬぐえないなら止める

 

もしかしたら、情報や講座から得たものを

ズレて受け取っていることに気付いたり、

ラクになることに頑張り過ぎていたりする

自分に気付くかもしれません。

 

こういう気付きがあることで、身体も声も心も

本来の状態を取り戻す流れができるのだと

私は感じています。

 

私自身情報を得たり様々なことを学んだりする中で、

何度も違和感を無視して自分を更にツラくさせた

経験があります(^^;)。

正直、今でも時折やらかしてます(笑)。

 

だからこそ、このブログを読んでくださったり、

セッションを受けてくださったりする方にもぜひ、

自分の内側から出てきた違和感を大切にしていただきたい

と心から思い、今回記事として綴りました。

 

 

【「声の調律」の詳細はこちらからどうぞ】

【ロルフィング®の詳細はこちらからどうぞ】

【各セッションのご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ】