今の時代は数十年前に比べると、

様々な方面で個性的な人が活躍していて、

個性が尊重されるようになったと感じます。

 

また、

『自分らしく生きよう』

とか

『あなたはそのままでいい』

なんてフレーズも時々目や耳にしますよね?

 

そんな個性について、少し前にふと思いついて

走り書きしたメモを、今回はシェアしますね(^^)。

=================

《個性とゆるみの関係》

カタさ→没個性

ゆるみ→個性発揮

 

個性とは、そもそも在るもの。

そして、元々唯一無二。

 

比べる必要もなく、見つける必要もなく、

ゆるんでいくことで、花びらが咲くように、

ずと花開くもの。

=================

読んでみて、いかがでしたか?

 

私は、現代人のほとんど(ほぼ全員?)が、

環境やら教育やら人間関係やら様々なことに

必要以上に縛られていることで、

自分が思っている以上に心も身体も声も

緊張状態で生きていると感じています。

※緊張自体が悪いと言いたいわけではありません。

必要以上に緊張し過ぎていることで、

どこかしらが滞っていたり、感覚が薄れていたりして、

本来の状態からズレているのでは?ということです。

 

そんな中で個性を発揮しようと意気込んだところで、

元来その人が持っている個性はなかなか発露しづらい

のではないかなぁ〜、と思うのです。

 

ということで、ふと思いついて書いたのが上の文です。

 

必要以上にカタくなっている自分に気付き、

本来持っているゆるみを取り戻すことで、

きっと私たちの内側に元々在る唯一無二の個性が

自然と発露するのだと思うのです。

 

きっと今こうして生きているのも、

そんな唯一無二の個性を内側に見出し、

ただただ己で「在る」ことを再発見する

旅なのかもしれませんね〜(^^)。

 

 

【「声の調律」の詳細はこちらからどうぞ】

【ロルフィング®の詳細はこちらからどうぞ】

【各セッションのご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ】