今回は、声の質感について数年前に観たライヴでの

体験談を中心に書いていきます。

 

=================

そのライヴは、私が20代のサラリーマン時代から

お付き合いさせてもらっている方のワンマン・ライヴで、

私自身、彼のワンマンを観たのはかなり久々でした。

 

今やベテランとなった彼の歌の上手さは言わずもがな。

20代に初めて観た時から持ち味であるパワフルな

ヴォーカル・スタイルはますます磨きがかかっていました。

 

そんな彼の歌を久しぶりに生で堪能し、

とても楽しい時間を過ごすことができたのですが、

ライヴ中にひとつ残念な出来事が……(^^;)。

 

それは、ライヴも後半のことでした。

 

これから歌おうという楽曲のエピソードを彼が語り、

「よければみなさんにも一緒に歌ってほしいので」

ということで、その曲のサビ部分が書かれた紙が

会場中に配られたんです。

 

で、軽く何度かサビを繰り返し流して練習してから、

曲がスタートしました。

 

そして、いよいよサビが始まり、

私含め観ている人達も一緒に歌い出したのです。

 

といっても、全員がいきなり大声で歌うわけもなく、

勇壮かつメロディアスで比較的スローな楽曲だったからか、

多くの方は最初はかなり遠慮がちに小声で歌っていたんです。

 

私は会場の後ろ側で立っていて、

そんな様子を観ながら一緒に歌っていたんですね。

 

すると、飛び抜けてデカい歌声が私の左斜め前から

聴こえてきたんです!

 

で、その男性の方に目を向けてみたんです。

すると、その表情や立ち姿は自信に満ち溢れていて、

本当に楽しんで歌っているのがよくわかりました。

 

歌い方からみて、何かしら声楽のバックグラウンドが

あるであろうことは容易に想像つきました。

 

ただ、いかんせんその男性の声質が

とにかく硬かったんです……(^^;)。

 

もぉ〜、ザブングルの加藤さんに出てきてもらって

「カッチカチやで!」

って言ってほしい!と思ったくらい(笑)。

※このギャグがわからない方は、「カッチカチやで」で検索すればすぐ見つかりますw。

 

その男性の声にはまろやかさや豊かな響きは皆無で、

耳に声のアタックばかりが残るという……。

 

スタイルは声楽だったんですが、ただただ音量だけがデカく、

その歌声はステージにいる主役や観ている人達の存在を

無視していて、完全に浮いていました。

 

確かに、

『それだけのボリュームが出るってすごいなー』

とは思いました。

 

おそらく、それだけの鍛錬もなさっている方

だったのだと思います。

 

ですが、少なくともその場所では、

その方にはそれだけのボリュームで

歌うことは求められておらず、

しかも、その歌声の質感はその場に

全く溶け込んでいませんでした。

 

何せ、その時のライヴはポップスでしたからね(^^;)。

 

「声の調律」のセッションを提供する中で、

『声はまず質感(トーン)ありき!』

ということを常々お伝えしている私にとっては、

この時の体験は改めて、声の質感の大切さを

実感できた時間となりました。

 

例え大きな声が出せたとしても、

その声がその場面に適した質感が伴っておらず、

その場面を逸脱するボリュームであったとしたら、

その声を耳にした人に心地よく届くことはありません。

 

その歌や話がどれだけ素晴らしかったとしても、です。

 

もし、あなたが自分の歌声や話し声について、

「硬い」ということを言われたことがあったり、

自分自身でそういう自覚があったりするなら、

この機会に声の質感について見つめ直してみては?

 

=================

「声の調律」では、あなたの身体を施術やレッスンで

整えていくことで、本来の豊かな質感の声を引き出しています。

ご質問などあれば、お気軽にお問い合わせくださいね。

 

 

 

【「声の調律」の詳細はこちらからどうぞ】

【ロルフィング®の詳細はこちらからどうぞ】

【各セッションのご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ】