私は、以前別のブログ記事で、
「一気に緊張が解いたり、
動きの反応を上げたりするためには、
あなたが自身の身体のコンディションや
抱えがちな緊張や動きのパターンなどを
できるだけ俯瞰して捉えることから
始めるのが肝要」
ということを書かせていただいてます。

※こちらの記事になります。
【自身の身体のコンディションやパターンを俯瞰して捉える】
http://grooveandflow.com/archives/b00014/

ぜひ、今見ている画面から一旦目を離して、
ほんの数分でも自分のために時間を取り、
ご自分の身体について何かしら俯瞰して
捉えてみていただけませんでしょうか?

・いつもどちら側の足から歩き出している?
・左右の空間の捉え方に違いはない?
・呼吸は、吐く時も吸う時もラクにできて
いる? どちらかに制約を感じる?
・どうしても身体のどこかしらが緊張する
ことは? その時はどこが緊張する?

などなど。

==============

実際に俯瞰して捉えてみていかがでしたか?

そうしたコンディションやパターンを、
俯瞰して捉えられたら、中でも不調や
痛みやこりなど不快に感じがちなことは
一気に(=一度に)変えたいと思うかも
しれません。

そうできたらとてもラクですし、
あなたはそうできるかもしれません。
が、捉えることは「第一歩」だと
私は感じています。

では、その次にはどういうことが
必要なのでしょうか?

==============

身体で起こる様々な緊張や動きは、
複数の関節や様々な組織が関係しています。
神経伝達も一瞬の内に起こっていますが、
それでも神経を伝わるだけの時間が
かかっています。

そして、思い込みなどの思考パターンも
関係していると感じています。

「一気に」起こっているようでも、
「一度に」起こっているわけではなく、
それらが無意識の内に連鎖していて、
順序立てた流れで行われているわけです。

なので、緊張を解いたり動きの質を
変えようと思ったら、
今のコンディションやパターンを捉え、
さらにその流れに変化を加えることが
大切だと私は感じています。

そこで、ポイントになるのは、
緊張や動きの“きっかけ”がどこかを
捉えることではないでしょうか。

==============

例えば、あなたが肩がこるなら、
つい肩の周辺が気になると思います。

a0002_007823

ですが、その肩の周辺そのものが、
本当にあなたの肩がこってしまった
“きっかけ”なのでしょうか?

ずっとPCに向かって休みなく
前のめりに仕事していませんか?

受話器や携帯を肩に挟んだりして
電話していませんか?

歩いている時など、知らず知らずに
握りこぶしを握っていたり、
手首をカタくさせていませんか?

肩こりは、そんなあなたの動きの積み重ねが
導いた“結果”であるかもしれないのです。

そこで、遡って“きっかけ”となっている
行為を見つめ直してみましょう。

もし、あなたが肩こりの“きっかけ”を
指先〜手〜手首辺りのカタさだと
着目したとします。

だとしたら、柔らかく指や手首を動かし、
脱力した状態を感じてみましょう。

そうすると、必要以上に指先や手首に
普段から力を入れがちな自分に気付くかも
れません。

さらに、肘に力が入っていることに気付き、
肘もゆるめてあげたくなるかもしれません。
そうしたら肘も柔らかく動かしてみます。

このような感じで、動きの中でゆるまる
自分を実感していく時間を作ってみます。
すると、あなたの肩〜腕は軽くなり
肩こりもほぐれているかもしれません。

ぜひ試してみてくださいね〜。

==============

あなたが緊張や動きの“きっかけ”が
どこかを捉えて、そこから変化を起こすと、
あなたの身体や声がさらにイキイキと
輝き出しますよ(^^)。

この投稿を読んで感じたことや、
実践して得られたことなどについて、
ぜひコメントでシェアいただけたら
とても嬉しいです。

長文にお付き合いいただき多謝!!

================

緊張や動きの質を変える時には
サポート役がいると安心です。

・ロルフィング®
・アーテム・トーヌス・トン(声と呼吸のレッスン)
・クラニオセイクラル・ワーク

といった施術やレッスンを通して、
Groove&Flowでは、身体に抱えた緊張や
現在の動きの質を向上させるサポートを
行っています。

施術・レッスンについてはこちらにてご覧いただけます。

 

【メールレター配信中です!】
「あなたの声とカラダが響き出す
メールレター」を配信しています。
声や身体に関する情報をはじめ、
メールレターならではの発信を
しております。
ご登録・購読は無料です。
お気軽にご登録くださいませ!

「おもしろかった!」「役立った!」と感じたら、はてブやツイート、「いいね!」などで応援いただけたらとても嬉しいです(^^)♬