私たちは、過去の経験などから
不安や心配事を抱えたり、
コンプレックスを持ったりしがちな
側面があると思います。

それは、身体についても言えると
思いませんか?

特に痛みや不調を抱えていると、
ネガティブに捉えがちになります。

そういう時に、試みていただきたいのが、
『自分の身体の中の『安心安全な領域』を
見つけ、その領域を少しずつ広げる』
ということです。

===============

私はよく「痛みはサイン」だとか、
「痛みは痛くないところがあるから気付ける」
ということをクライアントさんにお話しします。

そういう考え方から見ていくと、
『調子のよいところ』が
『安心安全な領域』といえるかと思います。

そこで、ついネガティブに捉えがちな時に、
その対極にある『安心安全な領域』を感じ、
その存在を愛でて、受け入れるのです。

・足裏でしっかり地面を感じられる
・ゆったり呼吸できる
ということから、
・関節が滞りなく自由に動く
・自由に見ることができる
・自由に聞くことができる
などなど。

ふと探してみるだけでも、
意外と多くの『安心安全な領域』が
自分の中に存在していると思いませんか?
その領域を身体で味わうのです。

『安心安全な領域』を広げてあげれば、
自身の身体だけでなく、日々の充実や
気持ちの安定にも役立つでしょう。

この機会に、自分の身体の中にある
『安心安全な領域』を広げてみませんか?

20121012

Groove&Flowでは、
ロルフィング®
アーテム・トーヌス・トン(声と呼吸のレッスン)
クラニオセイクラル・ワーク
という施術やレッスンを通して、
あなたの身体の安全安心な領域を広げる
サポートをさせていただいております(^^)。

【メールレター配信中です!】
「あなたの声とカラダが響き出す
メールレター」を配信しています。
声やカラダに関する情報をはじめ、
メールレターならではの発信を
しております。
ご登録・購読は無料です。
お気軽にご登録ください!

「おもしろかった!」「役立った!」と感じたら、はてブやツイート、「いいね!」などで応援いただけたらとても嬉しいです(^^)♬