ヒトは意識・無意識を問わず「3つの声」を常に同時に発している、と私は捉えています。

その「3つの声」を、

「音声(おんせい)」
「心声(しんせい)」
「体声(たいせい)」

と私は名付けてみました。

「音声」は、音として私たちが日頃発している「音声としての声」。
「心声」は、心の中で聞こえてくる「心の声」。
「体声」は、身体から感覚として伝わってくる「身体の声」。

これら3つは常につながっているため、別れることがありません。

言い換えると、これら3つの声は常にその人の状態を外に現しているわけです。

ですが、私たちはこれら「3つの声」をバラバラに扱いがちではないかなぁ、と感じることがあります。

例えば、風邪をひいているわけでもないのに声が出づらいとしたら、ひたすら声を出せばその内出るようになる、と思うかもしれません。

ですが、そうすると返って声が出づらくなり、喉を痛めてしまいやすくなる可能性があります。

そうした場合、その人の心や身体の「声」に耳を傾けてみると、声が出しやすくなるヒントが見つかることが少なくない、というのが私の見解です。

beautifulsky

「音声」「心声」「体声」の「3つの声」の可能性が開いて調和していくことが、私たちが今生を充実して自由に生きていく上でとても大切な鍵になる、と私は感じています。

そして、それらの調和が生まれてこそ、その人にしか出すことができない「真(まこと)の声」が響き出すのだとも感じています。

あなたは、自分のために「3つの声」をしっかり感じ、味わい、大切にしていますか?

============

Groove&Flowでは、
・声の調律
・ロルフィング®
・アーテム・トーヌス・トン(声と呼吸のレッスン)
・クラニオセイクラル・ワーク
・「はじ⇔ハリ」
といった施術やレッスンなどを通して、あなたの声の素晴らしさを開くサポートをしております。

施術・レッスンについてはこちらにてご覧いただけます。

【メールレター配信中です!】
「あなたの声とカラダが響き出すメールレター」を配信しています。
声やカラダに関する情報をはじめ、メールレターならではの発信をしております。
ご登録・購読は無料です。

お気軽にご登録くださいませ!

「おもしろかった!」「役立った!」と感じたら、はてブやツイート、「いいね!」などで応援いただけたらとても嬉しいです(^^)♬