EメールやSNSが普及した現在。
私達はこれまでになく雄弁に、
日々文字を書いて(打って)います。

そんな今だからこそ、 あえて
声を使って あなたの“温度(=思い)”を
伝える頻度を上げてみませんか?

それも離れている人にこそ、です。

a0002_000217

ネット上での文字のやりとりは、
ある意味計り知れない恩恵をもたらし、
様々な可能性を感じさせてくれています。

ですが、ふと俯瞰して見つめてみると、
以前なら電話をかけていた場面や、
直接話しかけにいった場面でも、

必要以上に文字で済ませていることが
あったりしませんか?

携帯電話を手にしているのに、
電話でなく文字を打っていることが
多くなっているということに、
どこか不可思議さを感じませんか?

=============

こんな時だからこそ、
あえて原点に立ち返って、
声を使って伝えることが
大切ではないか、と感じています。

もちろん、文字を通しても
伝わってくるものはたくさんあります。

ですが、声が持つ「響き」には、
文字では表現しきれないものが
伝わるだけのパワーがあります。

たいしたことでなくてもいいんです。
ふとした時にメールではなく、
あえて電話してみる。

文字のみのチャットではなく、
Skypeや電話で話す。
Skypeならビデオチャットもできるので、
互いの顔を見ながら話せますよね(^^)。

=============

今、この投稿を読みながら、
頭にふと浮かんできた人がいるなら、
ぜひ電話したり、直接会いに行って、
あなたの“温度(=思い)”を
声に乗せて伝えてみましょう。

しばらく文字のやりとりだけ、
という人に連絡を取ってみましょう。

そのやりとりでの得る感覚を、
全身で感じてみるのです。

照れくさいかもしれません。
ですが、以前はそれが日常だったはず。

「伝えたい」ことへの初期衝動を
声に乗せてそのまま伝える。
離れている人にこそ大切では、
と感じています。

プリミティブな表現の力を、
声の響きが持つ“温度”を、
今こそ愛でてみませんか?
それにより、文字でのやりとりも
磨かれるように感じるのです。

身体と呼吸が変われば、
距離を越えて伝わる声の“温度”も
より温かみが増しますよ〜(^^)。

※追記※
この内容を文字で伝えるという矛盾を
承知の上で書いたということを、
最後に付け加えさせていただきますw。

================

・アーテム・トーヌス・トン(声と呼吸のレッスン)

・ロルフィング®

・クラニオセイクラル・ワーク

といった施術やレッスンを通して、
Groove&Flowでは、あなたが持つ本来の
「声の力」を発揮するサポートを行っています。

施術・レッスンについてはこちらにてご覧いただけます。

無料オリエンテーションも実施しております。

【メールレター配信中です!】
「あなたの声とカラダが響き出す
メールレター」を配信しています。
声やカラダに関する情報をはじめ、
メールレターならではの発信を
しております。
ご登録・購読は無料です。

お気軽にご登録くださいませ!

 

「おもしろかった!」「役立った!」と感じたら、はてブやツイート、「いいね!」などで応援いただけたらとても嬉しいです(^^)♬