歌・演劇・アナウンス・朗読といった分野に

専門的に取り組んでいる方にとって、

発声練習は日々欠かせない存在のひとつ

 

実際に声を出す前に発声練習を行うことは、

自分の声の魅力を最大限発揮して表現するための

大事なウォーミングアップとなります。

 

あなたが現在発声練習で行っているなら

ストレッチ、リップロール、体操など、

自分なりのルーチンな練習があると思います。

 

やる内容は人それぞれでも、全ての発声練習は、

『身体をほぐすなどすることで、スムーズに声が出る状態にし、できるだけ表現に集中できるようにする』

ことが目的ですよね。

 

では、あなたにとって、

○現在の発声練習は本当に“今”必要か実感できてますか?

○いまひとつ練習の成果を感じられないのに、なんとなく続けてませんか?

○発声練習をしても、声を出し始めると喉が閉まるなどして、表現に集中できなくなってませんか?

 

もし、上記の質問にひとつ以上「はい」と答えたとしても、

それは全然悪いことではありませんよ。

むしろ、その気づきが大事なんです。

 

なぜなら、その気づきは発声練習をより効果的に行うためにも、

“あること”にまず取り組む必要があるというサインだからです。

 

この“あること”とは、

『まず身体をラクに本来の声が出る状態に調整すること』

それにより、

『ラクに本来の声が出る状態を体感レベルで把握すること』

の2つになります。

 

「え? それって発声練習とどう違うの?」

と思われたかもしれませんね(^^)。

 

発声練習は、スポーツでいう準備運動に例えられますが、

大概のスポーツでは身につけたり使用する道具があり、

それらの調整や手入れも大切な準備になりますよね。

 

そして、選手自身も準備運動だけでなく、

必要に応じたメンテナンスを受けて、

ベストなパフォーマンスに備えるわけです。

 

また、楽器演奏であれば、演奏者自身が

演奏前にウォーミングアップするだけでなく、

演奏する楽器を事前に調整・調律することが必須です。

 

また、演奏者自身がベストな演奏をするために、

演奏に必要な身体のラクな用い方を得るために

ボディワークなどを活用するケースが増えています。

 

そんな中、声を出すという行為については、

ひとつの身体の中に楽器と演奏者が一体化している

という他の楽器にはない特徴があります。

 

そのような状態にも関わらず、

○楽器である身体を調整・調律すること

○演奏者自身のウォーミングアップ

という広範囲のことを発声練習の中で全て行おうと

している人が多いように感じています。

 

現代を生きている私たちは長年の間に、

○様々な動きや姿勢のクセ(パターン)

○身体のどこかしらに緊張を抱えている状態

です。

関節の痛みなどもあるかもしれませんね。

 

それは、もしあなたをピアノと例えるならば、

○弦が適切に調律されていない

○鍵盤などの部品が壊れている

ということと同等なんです。

そのような状態でひたすら発声練習をしたとしても、

なかなか本来のパフォーマンスには結びつきづらいでしょう。

 

さらに、人には心があり感情があります。

 

そのようないくつもの要素が重なり合っている状況だからこそ、

身体という存在を楽器として客観的に捉えて、

本来の状態に調整・調律するということが、

本来の表現に集中するためにもまず必要なことなのです。

 

もし、あなたが発声練習に取り組んでいる中で、

○現在行っている練習に今ひとつ成果が感じられなない

○発声練習を十分に行っても、声が出づらくなりやすい

○身体の緊張や痛みが気になって、表現に集中できない

のであれば、それは、

『楽器である身体を調整・調律する時』

です。

 

「声の調律」は、正にこのことに特化している、

施術とレッスンからなる個人セッションです。

 

これまでの発声練習をブラッシュアップする

様々なセルフワークもその人に最適化したものを

随時提供していきます。

 

『楽器である身体を調整・調律する時』

だと感じたら、ぜひ「声の調律」を活用して、

本来の楽器の状態を取り戻しましょう(^^)♬

 

 

【「声の調律」の詳細はこちらからどうぞ】

【ロルフィング®の詳細はこちらからどうぞ】

【各セッションのご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ】