あなたは誰かと話している時に、

その時の自分の声を耳にして、

どこか芯がない感じだったり、

息が抜けるような感じがしばらく

続いたという経験はありませんか?

 

特に風邪を引いてもいないし、

前夜にカラオケで歌い過ぎたわけでもない。

なのに、声を出してみたら声がスカスカ。

 

いつもと特に何も違わないはずなのに、

普段より芯のない声が出たことに

微妙な戸惑いを覚えながらも、

よほどうるさい場所でなければ、

会話するのにそれほど支障はない。

 

もしかしたら、歌う時にそういう状態に

なった人もいるかもしれませんね。

 

こういう声は、ヴォイストレーニングの世界で

「息漏れ声」と区分されるようです。

 

そして、「息漏れ声」は、

○息が必要以上に出ている

○声帯がキチンと合っていない

ことによって出る声と定義されており、

改善のためのトレーニング方法もあります。

 

確かに、上記の定義は合っていると私も思います。

 

ただ私は、まずトレーニングする前に

『「息漏れ声」になった背景』

を捉えた方がよいのでは、と感じています。

 

そして、実際にその背景を捉えて、

それに気づけただけでも声に芯が戻る

可能性は十分ある、と私は感じています。

 

では、『「息漏れ声」になった背景』とは

どういうものでしょうか?

 

それは、以下のようなことです。

 

○今いる場所(環境)に対する精神的苦痛やストレス

○悩みや不安を抱えている状態

○知らず知らずに溜め込んだ緊張

 

これらは自覚・無自覚の両方があると思いますが、

どこかで自覚しつつも普段から抑え込みがちで、

周りに気付かれぬように平静を装っている

パターンが多いのでは、と私は捉えています。

 

例えば、勤め先で上司からパワハラを受けていて、

その上司と話す時に声が普段より芯がなくなり、

やがて会社に行くこと自体がツラくなり、

上司以外の人と話す時も声がスカスカになる、

ということもあるのです。

 

 

声・身体・心はそれぞれの映し鏡のような存在です

そして、まず身体と心が整うことで、声も整うんです

 

もし、普段よりも声が出づらくなって、

芯のない声になってしまうようなことに気づいたら、

○今いる場所(環境)に何か精神的苦痛やストレスを抱えていないか?

○今何か抱えている悩みや不安をそのままにしていないか?

○身体がどこかしら緊張していないか?

○時折息を止めたり、呼吸が浅くなっていないか?

といったことが自分の内側で起こっているかどうか、

をふと確認してみてはいかがでしょうか?

 

確認してみると、自分の心や身体のどこかが

キューっと硬くなっているのではないでしょうか?

 

それが見つかったら、

『あ、今自分は○△○△な状態なんだなぁ〜』

と認めてあげましょう。

 

そして、できるだけ早い内に休憩を取るなり、

お気に入りの音楽を聴くなり、

外に散歩に出かけるなりしてあげましょう。

 

必要なら、身体や心の緊張をほぐす専門家の

助けを借りるのもよいですよね。

 

これは、私自身が今でも行っていることですし、

「声の調律」のセッションでもお伝えしていることです。

声に芯がない状態の方にとってお役に立てたら幸いです。

 

※羊も泣き声に芯がなくなることがあるんでしょうかね〜?

 

【「声の調律」の詳細はこちらからどうぞ】

【ロルフィング®の詳細はこちらからどうぞ】

【各セッションのご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ】