三十路を迎える手前の仕事中のある時、

『声と身体と心の一体感が人を前に進ませてくれる

という発想が突如降りてきたことをきっかけに、

それまで全く考えてもみなかったボディワークの

界に入り込んだ私。

 

その中でまず驚いたことのひとつが、

これまで当たり前にやってきた動きや姿勢や呼吸などが、

実はけっこうがんばっていたり無理したりしていた

ということでした。

 

そして、そうした当たり前に行ってきたことの積み重ねが、

徐々に自分自身に負担をかけていたんです。

 

自分をツラくさせていたのが当の本人だったなんて、

衝撃でした(^^;)。

 

今は施術やレッスンを提供する側に立たせてもらってますが、

そうなった今でもふとした瞬間にどこか力を入れていたりする

自分に気づくことがあります。

 

そして、大概こういう時は思考過多な状態なんです。

「心ここにあらず」ならぬ「身体ここにあらず」ですね(^^;)。

 

身体を使っていながら、身体が「今ここ」にいないなんて、

冷静に見てみたら変なことだと思いませんか?

 

例えば、「声の調律」ロルフィング®のセッションで

クライアントさんに色々と動いていただくことがあります。

 

そこでやっていただく動作は日常生活の中でよく行うもので、

身体本来の構造や自然の摂理に沿った動き方をお伝えしています。

それは、その人本来の一番ラクな動き方です。

 

で、クライアントさんは本来のラクな身体を

取り戻すためにセッションに来てくださっていますし、

実際にこれまでの動きよりもラクだと実感されていて、

ラクに動けるようになりたいんです。

 

なのに、これがしばらくはこれまでの無理してきた

パターンを選びがちなんです(^^;)。

かく言う私も以前そうだったように(笑)。

 

なぜなかなかできないかと言うと、

これまで自分がやってきた動作の方が慣れていて、

何も考えずにできるほど染み込んでいるからです。

いちいち考えながら動いてなんていられませんからね(^^;)。

 

そして、これまでの動作の方が“当たり前”なので、

本来のラクな動きを選択する前に慣れた方を

選択しやすくなっているんですね。

自分でも気づかぬ内に思考過多状態になっているんです。

 

施術を通してラクな身体の状態を体感していただくことは、

これまで抱えてきた“当たり前”を外すためには

かなり有効です。

 

また、「はじ⇔ハリ」の観点をお伝えすると、

これまでの“当たり前”が本来の状態から

ズレていることに気づきやすくなります。

 

長年染み付いてきたものですから、

ふと気づくとこれまでの無理した方を

選択することはある意味自然なことです。

 

だからこそ、無理していることに気づいた時に

ラクな状態に戻れる自分であれば、

身体は「今ここ」にいることができて、

心も声も「今ここ」にいられると私は感じています。

 

あなたは「身体ここにあらず」になってませんか?

※こんなに疲れてしまう前に「今ここ」の身体を取り戻したいですね〜。

 

【「声の調律」の詳細はこちらからどうぞ】

【ロルフィング®の詳細はこちらからどうぞ】

【各セッションのご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ】