私自身それなりの年齢になってきたこともあり(笑)、

周りの同世代や少し上の人達との話の中で、

「医者から四十肩って言われてさぁ……」

「この前ギックリ腰になって参ったよ〜」

なんていう話題が明らかに20〜30代よりも

増えていることを実感しています(笑)。

 

そして、そういう会話の中でよく出てくるのが、

「もう歳だから」

という言葉。

 

または、ダイレクトにそう言わないにしても、

そこかしこに、

『自分はもうそれなりの年齢なんだから、

そうなっても仕方ない』

というニュアンスが言葉遣いからにじみ出てくる人が

年齢と共に多くなってくる傾向を感じます。

 

ある意味そうなるのも仕方ないかもしれません。

 

「四十肩」「五十肩」なんて言葉があるくらいですし

これまでの日本の文化の中にどこか、

「歳を取る」⇒「衰える」

というイメージが潜在的に刷り込まれている傾向を

感じています。

 

言い換えると、私たちは、

「もう歳だから」の強烈な洗脳力

に無意識の内に侵されているのではないか、

とも思うのです。

 

あなたは、

「もう40代なんだから、四十肩くらいなるもんだ」

と言っていたり、

『年齢と共に腰や膝が痛くなるのは当たり前だ』

と思っていたりしませんか?

 

それは思い込みであり、勘違いです!!

 

周りの人が全員四十肩・五十肩になってませんよね?

※そもそも四十肩も五十肩も呼び名は違いますが、同じ症状です。
きっとこんな呼び名をつけているのは日本くらいでは……(^^;)?

腰や膝が痛くなった事がない人もいますよね?

80代になってもシャキッと歩いている人もいますよね?

 

そもそも、肩や腰や膝のような関節の痛みは、

これまでの人生で何気なく選択してきた

身体の動きの積み重ねによる

ことが原因な可能性がかなり高いんです。

 

そんな普段“当たり前”だと思ってやっている動きが

知らず知らずに身体に負担をかけていて、

そこに加齢による衰えや「もう歳だから」という

思い込みがプラスされることで、

関節に不具合が出やすくなる、というわけです。

※内臓系などの病気については、ひとまずここでは触れないこととします。

 

 

確かに、年齢と共に身体に衰えが出てくるのは自然なことです。

また、個々人の元々の身体能力などに差があるのも事実です。

 

ただ、私たちは無意識の内に、

「歳を取る」⇒「衰える』

というイメージを潜在的に思い込んでいることで、

自ら必要以上に“歳を取らせている”のではないか

と自分の体験やクライアントさんとの時間を通して

私は実感しています。

 

もし、肩や腰や膝など関節にある痛みに対して、

どこかに「もう歳だから」と諦めているとしたら、

『そう思っていることが原因のひとつかも』

と思ってみてはいかがでしょうか?

 

また、「歩く」「立つ」「物を持つ」などの

日々当たり前に行っている動きが、

自分にとって本当にラクなものなのかを

再確認してみてはいかがでしょうか?

 

きっと、思っていた以上に力を入れていたり、

頑張っていたりして動いてきた自分に

驚くと思いますよ(^^)。

=============

ロルフィング®「声の調律」のセッションでは、

あなたが本来持っているラクな動きを取り戻し、

「もう歳だから」の思い込みも外すサポートも

行っています。

 

この機会に本来の快適な身体を取り戻しませんか(^^)?

 

【「声の調律」の詳細はこちらからどうぞ】

【ロルフィング®の詳細はこちらからどうぞ】

【各セッションのご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ】