私たちは誰しも日々暮らしている中で、

イヤな出来事に遭遇してしまう時や

息苦しくなる時ってありますよね(^^;)。

 

または、呼吸が浅い感じがして、

なかなか緊張が抜けない時もあると思います。

 

そういうツラい時、私は1人になれる場所で、

ため息をついてみます。

それも、“わざと”、でも、“本気で”です。

 

『思い切り本気のため息をついてあげる』

ことを自分に許してあげるんです。

必要なら、何度でも。

 

やってみるとわかると思いますが、

本当にため息をついてしまう場面でない時に

ため息をつこうとすると、

最初はけっこう“わざとらしい”です(笑)。

 

そういう時のため息は、

「ハァ………」

がハッキリ声になっている感じです。

 

これが、“本気の”ため息になると、

「ハァ……」

が息が漏れる感じの本物(!?)の

ため息になります。

 

すると、少しづつ身体もゆるんできて、

呼吸がラクになっていきます(^^)。

 

すると、心も少しづつホッとして、

前向きになることができるんです。

 

実は、これは「声の調律」を受けられる

クライアントさんの呼吸力アップのために

よくお伝えしているワークでもあります。

 

ため息は一般的にネガティブな行為と

受け取られていますよね。

 

実際、私も20代にクリエイター養成校で

教務をいた時にはよく学生さん達に

「ため息なんてついてる場合じゃないぞ!」

って言ってました。

※当時の学生さん達からしたらさぞ鬱陶しかったでしょうね……(^^;)。

 

ですが、ため息をつくということは、

心身がガチガチに追い込まれていて、

強制的にため息をつくことでゆるめないと

息が入りづらくなっている状態だということです。

 

なので、そこを逆手に取って、“わざと”、

かつ“本気で”ため息をついてみるのです。

 

これができるようになると、

ツラい時でも比較的短時間の内に

ホッとできるようになりますよ(^^)。

お試しあれ♬

 

やってみてもなかなか実感が持てない方は、

セッションでサポートしますので、

お気軽にお申し出くださいね(^^)。

 

 

 

【「声の調律」の詳細はこちらからどうぞ】

【ロルフィング®の詳細はこちらからどうぞ】

【各セッションのご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ】