プロ・アマ問わず、歌うことが好きな人にとって、

高い音域を歌いこなせるようになることを

大きなテーマとして掲げている人はとても多い

と私は感じています。

あなたはいかがですか?

 

そんな方に向けて以前、

『高い音を出すためにまず押さえたい3つのポイント』

という記事を書きました。

 

今回はあの記事で伝え切れなかった大切な部分を

補足するために別記事として書きます。

※まだ↑の記事を読んだことがないという方は、

 先に読んでからお読みくださいね(^^)。

================

『高い音を出すためにまず押さえたい3つのポイント』

の中で、高音を出すためのトレーニングを行う前に、

「ニュートラルな身体を取り戻し体感すること」

が大切だということを私は書きました。

 

そして、ニュートラルな身体を取り戻すためには、

1.全身をラクな状態にする(脱力する)

2.脱力した重みを足裏に委ねる(重力と仲良くなる)

3.全身のつながりを体感する(ハリでしなやかな身体になる)

という3つの大切なポイント(プロセス)がある

ということもお伝えしました。

 

ただ、何ゆえこれらのポイントが大切なのか、

ということがあの記事では伝え切れていませんでした(^^;)。

そこで、今回は高音を出すために

「ニュートラルな身体を取り戻し体感すること」

を行う3大メリットをお伝えします。

 

まず1つめは、

①トレーニングの方向や意義が明確になる

です。

 

全身のラクな状態を知り、つながりを体感できれば、

ラクに音が出せている時の身体の状態や

高音を出す際に出やすい緊張のパターン

などがより具体的に感じられるようになります。

 

そうなれば、今の自分がどういうトレーニングを

積むのがベストかも明確になります。

 

2つめは、

②声帯や喉周りの緊張が抜けやすくなる

です。

 

全身が本来持っているバランスよい状態でいれば、

自ずと喉周りの緊張も抜けやすくなります。

 

そうすれば、歌の最中に喉周りの緊張に気付いても、

周りからは気付かれないように身体の状態を確認し、

できるだけ本来の歌いやすいモードを取り戻す

ことリアルタイムでしやすい身体になります。

 

3つめは、

③高音の質感(トーン)がアップする

です。

ここが最大のメリットだと私は感じています。

 

高音は“出ればいい”というものではありません。

明らかに喉から絞り出して無理矢理出した高音は、

聴いている側も苦しく感じてしまいますよね(^^;)。

 

そのくらい、出てくる声の質感(トーン)は、

歌を聴く人の耳に敏感に届いています。

 

足裏からの身体の支えが増していき、

声帯周りも含めた余計な緊張が抜けると、

結果的に高音を出しやすい状態になり、

音の抜けがよくなり質感もアップします。

 

質感がアップすることで、出てくる音は

自ずと聴く人の耳に心地よく届くはずです。

================

いかがでしたか?

 

テクニックを磨く前に、声を出す楽器である身体を

できるだけニュートラルで“鳴りのいい”状態にする。

 

そのことがもたらすこれら3つのメリットは、

実際高音に限らず歌う上でとても大きな恩恵を

与えてくれるはずです。

 

正直高音についてだけでもお伝えしたいことは

まだまだありますので、今後も記事を書く予定です。

 

ですが、何せ声と身体のことですし、

人によって必要なポイントは微細に異なります。

 

それゆえリアルにセッションを受けていただき、

実際に様々な施術やレッスンを通して、

ご自身の身体を通して体感いただくのが一番です

 

今回挙げた3大メリットを体感したいという方は、

ぜひ「声の調律」のセッションにお越しくださいね!

【「声の調律」の詳細はこちらからどうぞ】

【各セッションのご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ】