声に悩みを持たれている方や

よりよい状態を目指している方は、

そのためにいろんな情報を日々探し、

様々なことを実践されていると思います。

 

実際、私のセッションを受けてくださる方は、

既に様々な実践を重ねてこられた上で、

「それでも“何か”がピンとこない」

「今一歩成果を感じられない」

ということがきっかけで私のことを

見つけてくださったケースが多いです。

 

そして、そういう方々に私はよく

「◯◯のことはひとまず忘れましょーか(^^)」

「◯◯のことは考えないでいいんですよーー(^^)」

ということをお伝えしています。

 

「◯◯」に入るのは、主に次のようなことです。

『声帯』

『腹式呼吸・胸式呼吸』

『滑舌』

他にも、人によって様々な「◯◯」があります(^^)。

 

今挙げた3つは、いずれも発声に関する

様々な場面で登場するキーワードですよね。

 

もしかしたら、

『こんな大事なことを忘れろ、とは何事だ!?』

と思われたかもしれませんね。

 

もちろん、私自身これらを真っ向から否定する

というわけではありません(^^)。

 

ただ、これまでのクライアントさんとの経験や、

私自身も自分の声で悩んだりした体験から、

『「◯◯」に入るようなことを無意識レベルで

気にし過ぎていまいか?』

『「◯◯」に入るようなことよりも手前に

まず取り組んだ方が声のためになるのでは?』

ということに気付いたんです。

 

そして、「◯◯」のことをひとまず忘れることが、

結果的に自分本来の声を取り戻すために役立ち、

回り回って「◯◯」本来の存在や価値にも気付ける

感じています。

 

「声の調律」はそういう気付きから得たものも

ベースとなっているセッションです。

 

実際、受けてくださったクライアントさんからは、

『自分本来の声を取り戻すためには、

ひとまず声帯や腹式呼吸のことは忘れていいんだ!』

というお声をいただいています(^^)。

 

もしあなたが、これまで声の悩みを改善しようとして、

それでも今ひとつ成果につながらない感覚があるなら、

『知らず知らずに声を出すためにこだわっている

「◯◯」があるのかも?』

と問いかけてみてはいかがでしょうか?

 

そして、「◯◯」をひとまず忘れてみると、

意外な発見が得られると思いますよ〜〜(^^)♬

 

※「自分本来の声」ってこんなイメージかも(^^)♬

 

【「声の調律」の詳細はこちらからどうぞ】

【ロルフィング®の詳細はこちらからどうぞ】

【各セッションのご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ】