あなたには、

『自分はこんなもんだ』

『私なんてこの程度だ』

と思っているところがありませんか?

 

あるとしたら、それは具体的にどんなことですか?

容姿?

普段誰にも見られないようなところ? 

声? 

それとも、何か能力的なもの?

 

人によりますが、ほとんどの人が大なり小なり

そのような“こんなもん”を人知れず内側に抱え

ネガティブなイメージを持っているのでは?

 

そして、そんな自分がダメだと思っている

ところを受け入れることで自己受容力が高まり、

気楽になれるという捉え方があります。

 

確かにその通りだと思います。

 

ですが、実際に受け入れてみようとしたものの、

『なかなかそんな簡単には受け入れられないよ〜〜(>_<)』

となることが私は少なくありませんでした(^^;)。

 

そりゃそうです。

長年たくさんの“こんなもん”を抱えてきて、

強烈な自己否定モードでしたから(苦笑)。

 

しかも、以前の私(特に10〜20代)は、

『自分は“こんなもん”じゃない!』

となんとか克服しようとしていました。

 

ですが、そもそもの根っこが自己否定のままで、

そんな気合い根性で頑張ったところで、

遅かれ早かれ息切れするわけです(^^;)。

 

すると、更なる自己否定のループにハマるばかり。

そんなこんなでかなり拗ねた人生を私は生きてきました(^^;)。

 

そんな私ですが、いくつかのきっかけが重なり、

“こんなもん”と思っている背景や自己否定の

ループの正体にかなり気付けるようになりました。

 

そんなきっかけの中で最も大きかったのが、

【自分の身体や声は元々“こんなもん”じゃなかった】

という事実に気付けたことでした。

 

自分が“こんなもん”とか“この程度”と思っていることは、

過去の体験や周りからの情報などといった

自分の外側からの影響がベースとなっています。

 

それらは実のところ根拠のない「思い込み」です。

 

私は、小学生時代から大方の運動が苦手でしたし、

歌うことは好きでしたが、声はあまり好きではありませんでした。

 

そんな私が30代にご縁が重なり身体や声の世界に飛び込み、

まず自分自身が身体や声と向き合う機会を得る中で、

背(特に首)が伸びたり、声の響きが豊かになったり、

音域が伸びたり、といった変化を体感したのです

 

特に上達を目指してトレーニングしたわけでもなく、

ロルフィング®などのボディワークを通して、

元々持っていた全身のつながりを取り戻していった

だけです。

 

そうした体験のおかげで、自分がこれまで抱いていた

“こんなもん”には実は根拠がないんだ、

いうことをまず身体と声について実感できたんです。

 

おかげで、幼少期よりも運動への苦手意識が格段に減り、

自分の声も断然好きになりました(^^)。

 

更に、『身体と声は心の映し鏡』ですから、

自分がこれまで心の中で思っていた“こんなもん”や

“この程度”も過去の自分による「思い込み」なんだ

と気付ける機会が増えていったんです。

 

それに伴い、不必要に落ち込んだりすることも

以前より減っていったんです。

==============

今回は私自身の体験をベースに、つい抱えがちな

“こんなもん”や“この程度”について綴りました。

 

あなたが今、何か“こんなもん”を抱えていて、

ずっと払拭できないモヤモヤがあるようでしたら、

ご自身の身体や声をボディワークを通して見つめ直し、

それらに元々ある素晴らしさを再発見することが

大いなるサポートになると思いますよ(^^)。

 

 

【「声の調律」の詳細はこちらからどうぞ】

【ロルフィング®の詳細はこちらからどうぞ】

【各セッションのご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ】