私たちの中には、

「深呼吸=心身にとってよいこと」

という認識が一般的ですよね。

 

呼吸や身体関連だけに止まらず、

様々な分野の専門家の方が著書などで

「◯◯な時は深呼吸するといいですよ」

と書かれていますし、

あなたもできるだけ深呼吸しようと

心がけているかもしれませんね。

 

確かに私自身も、

「深呼吸=心身にとってよいこと」

だとは思います。

ただ、それにはひとつの大前提があります。

 

ひとつの大前提とは、

『まずその呼吸がラクかどうか』

です。

 

ラクに呼吸した結果、深い呼吸がやってくれば、

心身にとってよいものをもたらしてくれます。

ただ、それは“結果”です。

 

ですが、私から見ると、無自覚に

『ただ深く呼吸すればいい』

と思っている人が多く、気付かぬ内に

『深呼吸を“がんばっている”』

状態になっているのです。

 

実際、これまで「声の調律」ロルフィング®

セッションに初めて来られた方などに、

「今ここで深呼吸してみてもらえますか?」

と投げかけてやってもらうと、

ほぼ100%の方が“がんばって”深呼吸しています

 

鼻から吸い込む時に「スーーッ」と音が聞こえたり、

両肩が無意識に上がったり、

「フーーーーッ」と息を押し出すように吐いたり。

 

で、私が

「今の深呼吸、ラクでしたか?」

と尋ねると

「ラクではなかったですね(^^;)」

と苦笑いされるんです(笑)。

 

これまでの体育の授業やラジオ体操なども含めて、

ラクかどうかを抜きにただただ深く呼吸すればよい

という指導を受けたことも背景のひとつと感じています。

 

現代人は、呼吸だけでなく心身の様々な場面で

“自分が思っているよりもがんばり過ぎている”状態です。

それが“当たり前”になっているので、

自分の心身のラクでゆるんだ状態がどのようなものか

が感覚としてわからなくなってしまいがちです。

 

そんな状態で

「深呼吸=心身にとってよいこと」

だと闇雲に深く呼吸しようとしても、

“呼吸した感”はあるかもしれませんが、

心身は緊張状態のままです。

 

こういう時に大事になるのは、

『ラクでゆるんだ状態の自分に気付く(思い出す)』

そして、

『自分の内側からホッと実感できるようになる』

ことです。

 

その上で呼吸も、

『深さよりもまずラクで自然であること』

が大事なのです。

 

“がんばって”深く呼吸するよりも、

浅くてもラクな方が心身は喜ぶんです(^^)。

 

深呼吸を“がんばって”いたり、

深呼吸に息苦しさを感じたりしている人には、

深呼吸のノウハウを知るよりも、

第三者のサポートを借りてまず心身をゆるめ、

本来のラクな状態を体感することが大切です。

 

Groove&Flowで提供している全てのセッションは、

そうしたサポートの役割を担うものになっています。

 

ラクでゆるんだ本来の自分の心身の状態を取り戻して、

深くラクな呼吸を味わってみませんか?

 

※赤ん坊の頃の私たちの呼吸は、自然な深呼吸だったんですよね〜(^^)。

 

【「声の調律」の詳細はこちらからどうぞ】

【ロルフィング®の詳細はこちらからどうぞ】

【各セッションのご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ】