誰かとコミュニケーションを取る時や

何かに気持ちや思いを伝えようとする時に

言葉遣いや言葉のチョイスって大事ですよね。

 

これらがひとつズレると、

それだけで相手の反応が変わったり、

時に人間関係にも影響が出たり……。

 

言葉のチョイスや伝え方についての

ノウハウ本が最近増えていたりするのも、

私たちが言葉に繊細になっている現れかと思います。

 

私はクリエイター養成校で教務の仕事をしていた時、

学生さんのモチベーションを高めたりするために、

NGワードを設定するなどしていたことがありました。

今思えばけっこうストイックなことしてたなぁ〜、と(^^;)。

 

他にも、雑誌編集の仕事を経験したことで、

言葉のチョイスについて過去より敏感になった

と思います。

 

そんな経験を経ていることもあり、

今でも言葉遣いや言葉のチョイスが

コミュニケーションで大切な要素の

ひとつだと私は思っています。

 

なんですが!

今はそれらと同等、

むしろそれ以上に大切な要素がある

と感じています。

 

それは、

言葉を発している時の自分の状態

です。

 

細かくかみくだくと、

・声のトーン(硬さや響き)

・表情

・身振り手振り

・緊張の度合い

・上記の全てからかもしだされる雰囲気

といったところでしょうか。

 

そして、私はこれらを仮に

テクニック的に対処してみたとしても、

隠し切れずにダダ漏れになってしまう

と感じています(笑)。

 

対処は所詮対処。

どこか無理していますからね(^^;)。

 

あなたは、言葉遣いやチョイスが丁寧でも

どこか言っていることが響いてこない人と

話した経験はありませんか?

 

または、友達と話している時に、

こちらとしてはにこやかに話しているようで、

「ねぇ、今怒ってるでしょ?」

と心の内側を見透かされていたり(^^;)。

 

私はどちらもありますよ〜(笑)。

 

つまり、いくら言葉遣いがキチンとしていて、

言葉のチョイスが正しかったとしても、

外に伝わるのはその時の自分の状態なんですよね〜(^^;)。

 

ということは、そこがズレていたら、

相手には言葉の通りに伝わっていない可能性大です。

 

更に言うなら、

相手の言葉を受け取る時の自分の状態

も実に大事ですよね(^^)!

 

心と身体と声に一体感がある時、

人はとても自然体でイキイキしています。

そして、そういう時はコミュニケーションも

スムーズに進むと私は感じています。

 

言葉遣いが少々ガサツでも、

とても気持ちがいい人と出会ったこと

ってありませんか? 

 

そういう人は心と身体と声に一致感があるなぁ、

と私は思うのです。

 

言葉遣いや言葉のチョイスは大切です。

伝え方を学んだりするのもよいことだと思います。

 

ですが、

『意外と私たちはどこかしら無理をしたり、

ラクだと思い込んだりしていることで、

本来の一体感を忘れがちではないかなぁ〜?』

 

『心・身体・声の一体感を忘れていることで、

本当の思いが伝わりづらくなっていたり、

受け取りづらくなっていたりしないかなぁ〜?』

と私は思うのです。

 

あなたはどう思われますか?

 

※「お前、今隠し事してない?」「うっ……(^^;)」なんて会話をしているのかも(笑)。

 

【「声の調律」の詳細はこちらからどうぞ】

【「声の調律」のご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ】