(1)の続きです。

 

「何となく」な状態になっている背景は、

大きく分けると2つあると私は捉えています。

 

まず、1つめは「慣れ」です。

 

ルーティンで行っていればいるほど慣れるので、

気付かぬ内に自分が思っているよりも

「何となく」

行ってしまいがちなんです。

 

それは自転車などの運転や日常の様々な動作を

何も考えずに行っているのと同じ感じです。

 

ですが、ウォーミングアップやエクササイズは、

元々歌やスポーツなどでより高いパフォーマンスを

発揮するためにあるものですよね?

 

だとしたら「何となく」行っていることは、

時間も含めてとてももったいないと思いませんか?

 

 

そして、2つめは「他人軸になっている」です。

 

私たちは、教わった先生やネットや書籍など、

外から得た情報をきっかけにして、

ウォーミングアップやエクササイズを始めます。

 

それ自体はごくごく自然な流れですし、

最初の内はよくわからないままでも

まずやってみることも大切です。

 

ですが、続けていく中で、

今ひとつ効果や目的が実感できなかったり、

時には痛みや不具合を感じたりしても、

「◯◯先生から教えてもらったから」

「△△さんがやっているから」

「あの本に書いてあったから」

ということでそのままにしていませんか?

 

この状態だと、周りの情報が「正しい」と信じ込み、

自分自身の感覚を大切にしていないことになります。

 

そもそもウォーミングアップもエクササイズも

自分のために行っているはずです。

 

なのに、肝心の自分自身の感覚よりも

他人の言うことを優先させているとしたら、

とてももったいないですよね(>_<)!

 

以前エクササイズにおける「時間」や「回数」に

潜む“罠”について記事を書きましたが、

これも「何となく」な状態のひとつと

言えると私は捉えています。

 

「何となく」の背景がつかめたら、

先生に疑問点などを質問したり、

今一度最初から細かくやり直してみたり、

はたまた違うものを取り入れてみたり、

と軌道修正がスムーズになるかと思います。

 

この記事は、自戒の念も込めて書いています(^^;)。

 

この機会にウォーミングアップやエクササイズの

目的や1回1回の質や自分の感覚を大切にして、

できるだけ新鮮な気持ちで行いましょ〜(^^)♬

 

【「声の調律」の詳細はこちらからどうぞ】

【「声の調律」のご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ】