ワクワクしている時の姿や声は、

周りにワクワクが伝わる。

 

悲しい時の姿や声は、

周りに悲しみが伝わる。

 

怒りに満ちた時の姿や声は、

周りに怒りが伝わる。

 

身体のしぐさや姿勢、

かもしだされる雰囲気、

そして声のトーンなどは、

心の状態を外に現しています。

 

もしかしたら、

「そんなこと、当たり前でしょ?」

と思われるかもしれませんね。

 

では、あなたは日々の中で、

どれだけ自分の心の状態を

そのまま身体や声に現していると

言い切れるでしょうか

 

嬉しい時やポジティブな時は、

比較的自然に現していると思いますが、

悲しみや怒りやネガティブな時は、

世間体を気にしたり、

遠慮の気持ちが働いたりして、

できるだけ出さないように

抑えていたりしませんか?

 

ま、自分では抑えているつもりでも、

けっこうダダ漏れだったりするのですが(笑)、

抑えている時点で自分の内側には

ストレスがかかります。

 

そういうことが積み重なると、

心が疲れるだけでなく、

身体に緊張が溜まったり、

声が出づらくなったりします。

 

身体も声も、心の映し鏡ですからね(^^)。

なので、心がギューッとするような時は、

身体や声の状態にふと目を向けてみては?

すると、肩がグッと上げて固めていたり、

喉の辺りが詰まる感じがしていたりする

自分に気付くかもしれません。

 

そうした状態に気付いて、

肩をフッと脱力させてみたり、

あくびをしてみたりすると、

ギューッとなっていた心が、

ほんの少しでもホッとしませんか?

 

逆に、身体や声に滞りを感じた時は、

心の状態に目を向けてみることで、

思っていた以上に緊張している自分に

気付いたりするかもしれません。

 

そして、ワクワクしている時のように、

素直に悲しみや怒りが表現できて、

そんな自分を受け入れてくれる人が

周りに1人でもいてくれたら、

私たちは今よりも少しずつ

ラクで心地よく生きられるのでは?

 

そんなことを思うこの頃です(^^)。

【「声の調律」の詳細はこちらからどうぞ】

【「声の調律」のご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ】