どうしようもなく打ちのめされる時。
「何で?」と思いたくなる出来事が起こった時。
文字通り「息が詰まる」ような瞬間。
身体は緊張に包まれます。

小さい頃からのこういう瞬間の蓄積は、
自らの身体に知らず知らずの内に
深い緊張を溜め込ませています。

そして、そうした緊張は、
無意識の内に呼吸を浅いものに
していることがよくあります。

それは、私達が本来持っている
「呼吸する権利」を、
自ら使い切っていないということです。

今この投稿を読みながら、
あなたはラクに呼吸してますか?

ふと息を止めながら、
目を細めたり眉間にシワを寄せながら、
画面を注視していたりしませんか?

深呼吸しようとする必要はありません。
多くの方にとっての深呼吸は、
既にかなり緊張が伴っていますから。

まずは、あくびしてみましょう(^^)。
ため息もオススメです(^−^)。

また、心地よくなれる場所で横になって、
自分が水面に浮かんでいる落ち葉のような
イメージを持ちながらゆったりと息を吐く、
なんていうこともよいでしょうね。

water

ゆったりと全身で呼吸してみると、
身体はどんな感じがするでしょうか?

私達が持っている「呼吸する権利」。
見つめ直してみませんか?

================

・ロルフィング®
・アーテム・トーヌス・トン(声と呼吸のレッスン)
・クラニオセイクラル・ワーク

といった施術やレッスンを通して、
Groove&Flowでは、あなた本来の
「呼吸する権利」を取り戻すサポートを
行っております。

施術・レッスンについてはこちらにてご覧いただけます。

 

【メールレター配信中です!】
「あなたの声とカラダが響き出す
メールレター」を配信しています。
声やカラダに関する情報をはじめ、
メールレターならではの発信を
しております。
ご登録・購読は無料です。
お気軽にご登録くださいませ!


「おもしろかった!」「役立った!」と感じたら、はてブやツイート、「いいね!」などで応援いただけたらとても嬉しいです(^^)♬